2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

空手の前蹴りに物申す弐

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/03 19:51 ID:JbG8H5tR
前スレ
空手の前蹴りに物申す
http://sports6.2ch.net/test/read.cgi/budou/1074003948/


スレタイは前蹴りなのに回し蹴りの話です・・・

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/03 19:59 ID:wwk6Yojw
押忍

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/03 22:11 ID:qQwJVydl
3コン

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/03 22:23 ID:dA74mt8q
回4蹴り

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/03 22:44 ID:4sOntNhx
5の先

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 00:57 ID:81OXzWQb
ロクな内容じゃないな

7 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/04 02:26 ID:ETiuuFpL
>1000 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/05/04 02:22 ID:ni1GhQ2M
>>>997
>少林寺は見たことしかないですが、ぱっと身はフルコンの中段回しけりのように見えました。
>でも技術的にどうこう言うほどは知りません。
>上地流ではローを入れあって脚を鍛えるみたいですけど、
>起源がどこにあるのか(本土からの逆輸入の可能性も否定できない)は
>わかりません。
>まあ、起源なんてどこでもいいジャンとは思いつつも、
>空手オタとしては歴史にも興味あるので、知っている方がいたら話し聞かせてほしいです。(w



>ni1GhQ2Mさん
私も同じですよw

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 02:27 ID:QglC0UBm
>>998=GSL
我々の空手ってのがなんなのか教えてくれよ(w

それはそれとして、本土の全空連系なんかの流派はムエタイとは縁が深いよね。
K-1ジャパンのプロデューサーで全空連の組み手スタイルを作り上げた人物でもある鈴木雄一氏なんかは、
タイ育ちの空手家で、その動きや蹴りは、ムエタイやクンフー映画の影響から作り上げたって公言してるよね。


9 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/04 02:28 ID:ETiuuFpL
沖縄で本土の技術を積極的に?取り入れている流派と言えば、
上地流が出るのでしょうけれど、上地流が「振り蹴り」という名称を使うのですかね?

10 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/04 02:29 ID:ETiuuFpL
>8
あなた方が伝統派と呼ぶ空手ですよ。

ムエタイにに限らず柔道、合気道、ボクシング、日本拳法と色々といますが?

11 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/04 02:31 ID:ETiuuFpL
因に鈴木さんが全空連の組手のスタイルを作り上げたなんて一体誰が言ったんです?w

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 02:36 ID:ZC9s4nCa
極真の回し蹴り
キックのようなステップなしでその場で蹴る
かつ威力を落とさないために膝を抱え込む

その場で蹴る理由は
「おこり」を悟られにくくするためという武道的なものか(伝統派ルーツ説)
顔面なしのため間合いが近くなりステップがいらない&連打かつ小回りを重視したから
どっちだろうか 上の方は奇麗事をこじつけたに過ぎないか

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 02:37 ID:l2nNbr/D
ぴょんぴょん飛び跳ねながら軽快なステップで突き蹴りを放つスタイルは鈴木氏の頃に完成されたってのが通説でしょ?

14 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/04 02:39 ID:ETiuuFpL
鈴木さんはフットワークを主従にしたスタイルに置いて影響は与えていますけどね。
完成なんかされていませんよ?

因に、フットワークって言葉知ってます?

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 02:43 ID:p8AZANsB
GSLさんもう勘弁してください

16 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/04 02:47 ID:ETiuuFpL
いいや、勘弁ならねえなw



というのは、冗談でそろそろこのテーマから私は離れようかと思っています。
此処迄、やり取りしてきましたが、ムエタイ起源説を裏付ける物を提示してくれた人が一人も居ません。
殆どが空論と推察ばかりです。
なので、そろそろ埒が無いので、もう一寸やり取りして辞めようと思っています。

それで、>15さんこのスレの本題である前蹴りに付いて何か言いたい事が在るのですか?

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 03:00 ID:l2nNbr/D
確実な点をまとめると、
空手の回し蹴りは、

1 柔術を起源とする中足を使った回し蹴りが戦中戦後辺りから使われていた。

2 戦後、大会において大学生がルーツについては諸説あるが、昔からあるものとは違った形の回し蹴りを使いはじめた。

の二点だね。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 03:32 ID:I089QU7p
イイエGSLさんにはもっと続けて欲しいです。

言葉の格闘技て感じで凄く面白いですし、何より勉強に成ります。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 08:06 ID:IGkOW6bg
GSLうざすぎ。
隣の国で「テコ○ドは、何千年の歴史があって、空手とは無関係」と
言い張ってる人たちと一緒。
国粋主義者は実力がないから、わずかな歴史資料を拡大解釈して、
に自分の存在意義を求める。

そんなことより、回し蹴りの練習をもっとしろ。まぬけ。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 12:16 ID:I089QU7p
全然違うぞ。
今、話してるのは高々数十年前の事。
その上、ムエタイとか言ってる人達は誰一人ソースを提示しないで口先だけ。
是じゃあ、どっちが「隣の国」なんだろね?

と言うか負けそうに成ったら程度の低い捨てぜりふ残して消える訳?

本とどうしようも無いね、お宅。

21 :前スレ1000get:04/05/04 12:18 ID:ni1GhQ2M
>>19
テコ○ド何千年の歴史とやらは反対方向の証拠がたくさんある。
しかし、空手の回し蹴りがムエタイ以前からあったという話はまともな反対論は出ていない。
技術的にも現在の空手回し蹴りがキックの回し蹴りと違うことはよく言われる。
やってないオタにはその辺のことはわからないかもしれないけど。
あと、
「回し蹴りといっても一種類じゃない。それを一括して話すGSLに問題あり」
という意見に対し、俺は前スレで「回し蹴りは根本的には一種類」とする反論を書き込んだのだが、
それに対する反論は一つもなし。

回し蹴りの起源を古流空手に求めたからといって、
国粋主義呼ばわりするほうが変だよ。
まるで「○○の起源はウリナラニダ」と言ってる人たちに近いのは
君のほうじゃない?

あと、最後の一文は余計なお世話というものでしょう。
歴史に興味を持ったくらいで練習できないと思っているのなら、
あなたこそ2ちゃんへ書き込みしてないで稽古したら?(w

22 :前スレ1000get:04/05/04 12:19 ID:ni1GhQ2M
>>20氏とケコーン、、、

23 :前スレ1000get:04/05/04 12:20 ID:ni1GhQ2M
>>21一部訂正
「回し蹴りは根本的には一種類」とする反論を書き込んだのだが
     ↓
「空手の回し蹴りは根本的には一種類」とする反論を書き込んだのだが


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 13:01 ID:vcRPIm3x
自分のスネや足の甲を相手にぶつける蹴りは
古流にはないでしょ。
回し蹴りは基本的には一種類、てのはその通り。
シナリ重視のムエタイ系から派生して
フルコン系の落とす形が生まれた。
理屈は多少異なるが、スネ、足の甲を使う蹴りはムエタイから来てる。
古流なら爪先、中足、踵、足刀、足裏を使う。

25 :前スレ1000get:04/05/04 13:19 ID:ni1GhQ2M
>>24
それは試合ができてからの話でしょ。
そういう現象的な部分だけ取り上げるのはいかがなものかと。

スネや背足でけるのと、中足で蹴るのはたいした違いではなく、両者は根本的に同じ。
極真では中足回し蹴りは試合では使わなくて、背足かスネばかり。
でも基本の回し蹴りは、中足だよ。
これは、背足やスネで蹴るのが、試合上の便法にすぎないからじゃないの?

イルカは魚類っぽい形してるけど、
それは住む場所が海だからそうなっただけで起源は魚類ではない。
それと同じ。

あと、沖縄三大流派のDVD見てごらん。
上地流にスネや足の甲で蹴るローはある。


26 :前スレ1000get:04/05/04 13:20 ID:ni1GhQ2M
つか、極真空手かでも靴を履いて相手がナイフ持ってれば、
みんな中足で回し蹴りだすと思うが。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 13:34 ID:TuYKPVud
三大流派の方々が脛や甲での蹴りを出してるのは
現代の色々な情報ツールによって
技術の流出入が起きてるからですね。
確かに上地流の方たちは体の各部位を鍛えてるから
どこを使って蹴っても大丈夫ってことでしょうけど
現代のような回し蹴りが伝承上にあったわけではないはずですよ。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 13:35 ID:8It3GefK
>>25
空手の回し蹴りは競技ルールがあったから
出来上がったんじゃないの?

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 13:44 ID:TuYKPVud
ちなみに中足・爪先での蹴りと
脛・甲での蹴りは全く別物です。
膝下、腰の使い方がかなり違います。
脛や甲での「はたきつける」ような蹴り方で
相手にぶつける部位を中足や爪先に変えるだけの物とは違います。

30 :前スレ1000get:04/05/04 13:44 ID:ni1GhQ2M
>>27
技術流入の可能性は否定できませんが、
いつ取り入れたのか、っていうソースありますか?

>>28
ナイファンチ立ちのような立ち方があったのに、
蹴り技で回し蹴り的な変化がなかったと考えるほうが不自然な気がしますが。。。


31 :前スレ1000get:04/05/04 13:51 ID:ni1GhQ2M
>>29
それはキックボクシング(ムエタイ)の回し蹴りでしょう。

回し蹴りムエタイ起源説の方は、
伝統派・フルコンの試合で使われる回し蹴りが
違うフォームであるにもかかわらずどちらも膝を抱え込むものであって、
ムエタイおよびムエタイから生まれたキックボクシングの回し蹴りとは
違うものであるというあたりの理由を説明してほしいですね。

俺のいた極真の道場ではスイッチミドルなんかもやってましたが、
それでも蹴りのフォーム自体は膝を抱え込むものだった。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 14:13 ID:TuYKPVud
>>31
伝統派の回し蹴りと、フルコンの回し蹴りは
指してるものが違うのでは?
フルコンの回し蹴りは明らかにムエタイからのもの。
伝統派の回し蹴りとは全く違いますよね。
伝統派で言う回し蹴りは、軌道が腰横を通って出るもので
基本的には前蹴りと近い原理になる。
私が言いたいのは
「フルコンの脛、甲を使う回し蹴りはムエタイとの交流後の産物」
ってことです。
伝統派の回し蹴りとフルコンの回し蹴りの区別は
いまさら必要ないかと思ってましたよ。

33 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/04 14:21 ID:ETiuuFpL
まだ、このテーマで続いているのですね。

因にフルコンタクト空手の祖である極真空手の回し蹴りの基本と我々伝統派空手のそれとは殆ど同じですよ。
この場合、検証材料で出すのは、試合で使う蹴りでは無く基本の方の蹴りでしょう。
試合技術の方は時とともに洗練され、また他競技の技術を取り入れたりして、どんどん変わって行きますから。
出ないと、我々の方の回し蹴りもその内に「テコンドーが起源だ!」と言い出されかねませんしw

最も、極真の人達でも基本の方の回し蹴りしか使わ無い人も結構いる様ですがね。

34 :前スレ1000get:04/05/04 14:24 ID:ni1GhQ2M
フルコンの回し蹴りだって腰横通ります。
腰横を通る→フルコン・伝統派
腰横を通らない→キック・ムエタイ

伝統派とフルコンが違うのと同様、
フルコンとムエタイも違いますよ。

伝統派の方は何かにつけて「フルコンは道着を着たキック」
見たいな事を言いたがるようですが、そんなことはありません。

35 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/04 14:25 ID:ETiuuFpL
因に回し蹴りの時に脛ですが、私も使いますよ。
というか、間合いが近いと脛の方が効率が良いのですよね。

極真が脛を使うから回し蹴りの起源はムエタイだと言うのは少し暴論では在りませんか?
ローキックなら解りますが。

36 :前スレ1000get:04/05/04 14:26 ID:ni1GhQ2M
>この場合、検証材料で出すのは、試合で使う蹴りでは無く基本の方の蹴りでしょう。
>試合技術の方は時とともに洗練され、また他競技の技術を取り入れたりして、どんどん変わって行きますから。

禿道です。



37 ::04/05/04 14:54 ID:DhCEPCxc
回し蹴りはムエタイの影響を受けているのは明白でしょ。
しかし空手に回し蹴りの元となる蹴りや発想があったのも事実。
松涛館だけが回し蹴り発祥とは言えないだろうけども、GSL氏の話は
概ね正しいと思うのだが
(剛柔流だったかな、捕手の中で抑えた相手に中足回し蹴りの写真が
 あったような・・・ うろ覚えスマソ。)

とりあえず、発祥は別として、現在のフルコンと四大流派との蹴りは分けて
考えた方が良い。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 15:02 ID:81OXzWQb
回し蹴りの違い
ムエタイ・キック:腰(股間)を軸に足全体をバットみたいにぶん回して蹴る。
空手:回転の軸が腰(股間)->膝と移り、鞭みたいに蹴る。

でOK?

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 15:39 ID:TuYKPVud
極真の基本の蹴りが伝統派と同じ?
当たり前じゃん!大山さんは剛柔流の出身だよ!
だいたい伝統派って言ってる人達が数人いるけど、
所詮は本土に渡ってきてからの「空手」を指してるんでしょ?
そもそも「回し蹴り」と言われて、「中足回し蹴り」を思い浮かべるってのは
伝統派、もしくは協会派と呼ばれる人達だよな。
その手の人たちに、中足回し蹴りとフルコンの脛回し蹴りの違いなんて
わかるはずないんだよな。
っていうか格闘技ヲタでもないから、昔の極真の人たちがどうやって
ムエタイに勝つかをいかに研究していたかも知らないらしい。
どちら側からみても、単なる知ったかぶりの一空手屋にしか思えない。
GSLって人も、どうやら空手史はいまいちですね。

40 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/04 15:41 ID:ETiuuFpL
当たり前じゃないですか。
ワタシャー別に空手研究家じゃないしw

因に推測上のレスはもうお腹いっぱいです。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 15:47 ID:TuYKPVud
極真の基本の蹴りが伝統派と同じ?
当たり前じゃん!大山さんは剛柔流の出身だよ!
だいたい伝統派って言ってる人達が数人いるけど、
所詮は本土に渡ってきてからの「空手」を指してるんでしょ?
そもそも「回し蹴り」と言われて、「中足回し蹴り」を思い浮かべるってのは
伝統派、もしくは協会派と呼ばれる人達だよな。
その手の人たちに、中足回し蹴りとフルコンの脛回し蹴りの違いなんて
わかるはずないんだよな。
っていうか格闘技ヲタでもないから、昔の極真の人たちがどうやって
ムエタイに勝つかをいかに研究していたかも知らないらしい。
どちら側からみても、単なる知ったかぶりの一空手屋にしか思えない。
GSLって人も、どうやら空手史はいまいちですね。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 15:59 ID:I089QU7p
お前少しは自分で調べから書け。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 16:04 ID:TuYKPVud
中足回し蹴りと、脛回し蹴りの区別がつかない
伝統派の人にひとつ例を上げよう。
脛・甲での回し蹴りは
手でやるなら、手刀、腕打、裏拳、ラリアットにあたる。
中足、爪先での回し蹴りは
手でやるなら、鉤突き、貫手、フックにあたる。
もしこれを読んでも違いがわからない、というか結局全部一緒じゃんと
思うとしたら、もう何も説明する気にならん。
空手もボクシングもキックもみんな一緒になっちゃうね。


44 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 16:06 ID:mv8FWeQb
で、どっちの蹴りが強いのよ?

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 16:07 ID:I089QU7p
………………ハァ?
それはひょっとしてお得意の逃亡前の勝利宣言ですか?w

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 16:32 ID:TuYKPVud

04/05/04 16:07 ID:I089QU7p

腰ぎんちゃくか、お前はw
自分の発言が全く無いのはこの人だけだねw

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 16:41 ID:mUwf4hy+
>>20-21
GSLは間違ったテ○ンダとまったく同じ。
大昔、アフリカの人が、足を振り回して人を蹴りました。
そういう言い伝えがあります。だから、回し蹴りはアフリカ起源ジャンボ。
という人がいたら、それもGSLと同じタイプ。

テコンダが、「テコンドは空手から生まれたが、今は、独自の
発展をとげ、空手を超えるものになったと思う」というのは、許される。
まあ、超えてはいないと思うが、「思う」だから。
空手家は、「回し蹴りはどこにでもある蹴りだが、ムエタイ・キックに
触発され、空手独自の回し蹴りに発展させた」といえば、おk。

国粋主義者は、一見勇ましいが、あわれな負け犬。

48 :前スレ1000get:04/05/04 17:14 ID:ni1GhQ2M
>>39 >>41 >>43
>だいたい伝統派って言ってる人達が数人いるけど、
>所詮は本土に渡ってきてからの「空手」を指してるんでしょ?

俺は伝統派の経験はないんだが、極真と古流を多少。
んで、古流を知ってる人ならばわかるはずだ。
型は表面から見える技や分解だけで解釈されるものではないということが。

>そもそも「回し蹴り」と言われて、「中足回し蹴り」を思い浮かべるってのは
>伝統派、もしくは協会派と呼ばれる人達だよな。

君はフルコンを知らないな。何度も書いている通り、極真の基本の回し蹴りは中足だ。

>脛・甲での回し蹴りは
>手でやるなら、手刀、腕打、裏拳、ラリアットにあたる。
>中足、爪先での回し蹴りは
>手でやるなら、鉤突き、貫手、フックにあたる。

決め付けはやめようね。
極真などフルコンの回し蹴りとキック・ムエタイの回し蹴りは、
同じスネで蹴っていても違うんだってば。

>空手もボクシングもキックもみんな一緒になっちゃうね。

だから一緒にしているのは君。


49 :前スレ1000get:04/05/04 17:16 ID:ni1GhQ2M
>>47
>空手家は、「回し蹴りはどこにでもある蹴りだが、ムエタイ・キックに
>触発され、空手独自の回し蹴りに発展させた」といえば、おk。

だからムエタイ・キックの回し蹴りと空手の回し蹴りが違う理由を説明してね、と。
テコンドーは型が同じとか、半島の唐手団体がテコンドー団体に改名したとか、
いろいろと証拠があるの。
出直してきなさい。


50 :前スレ1000get:04/05/04 17:24 ID:ni1GhQ2M
あのさ、TuYKPVud氏って何者なわけ?
知ったかぶりであおってるだけならやめてくんないかな。

================
274 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 :04/05/04 12:11 ID:TuYKPVud
ここってボディーガードになりたい人が
何を習っておくべきかのスレだったの?
だったらなんでもいいと思いますけど。
とりあえずスタミナ、様々な耐久力(持久力、忍耐力など)を
鍛える何かをやっとけばよいのではなかろうか。
================

こんなこと書いてるけど、俺の知り合いのボディーガード・身辺警護の人は、
スタミナ重視な人なんていないよ。
ウェイトやってる人なら多いけど。
どこのスレでもこういう知ったかぶりかましてるだけなのかな。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 17:46 ID:TuYKPVud
>>48
極真やってるなら、極真の黎明期に黒崎氏ら数名の有志が
タイまで何しに行ったか聞いてみれば?

>>49
IWFの創始者の名前を知ってれば
ゴタゴタと証拠の話なんぞせんでもわかることだべ?

>>50
とりあえずその他の技術はあとからついてくるから
素地作りとして走っとけつうてるだけ。
体力作りの第一歩の話だっての。
実際になってからもスタミナ重視のひとなんぞおるか。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 17:50 ID:TuYKPVud
>>51
すまん、一つ間違えた。
IWFでなくて、ITFね。


53 :前スレ1000get:04/05/04 18:33 ID:ni1GhQ2M
>極真やってるなら、極真の黎明期に黒崎氏ら数名の有志が
>タイまで何しに行ったか聞いてみれば?

試合しに言ったんじゃないの?

>IWFの創始者の名前を知ってれば
>ゴタゴタと証拠の話なんぞせんでもわかることだべ?

だから、そういう明らかな起源の話が回し蹴りにもあるのか?ってことよ。

>とりあえずその他の技術はあとからついてくるから
>素地作りとして走っとけつうてるだけ。

あまり知らないことをアドバイスするのは控えたほうがいいですよ。


54 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 18:37 ID:TuYKPVud
>>53
なんだ、どこまで調べてるのかと思ったらその辺までですか。
一番大事なとこなのにね。
その辺のこと先輩によく聞いてみてくださいね。
回し蹴りの起源てのがよーくわかるから。

あなたもあんまり知らないことをアドバイスするのは控えてねww

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 19:27 ID:TuYKPVud
だいたい「弁慶の泣き所」を相手にぶつけて攻撃するなんて
日本人の発想にはなかなか起きないことな訳だ。
中国の方でも似たようなもので、斧刃脚とかで狙うのも
膝か脛なわけで、どっちかつうと脛は急所っていう認識のほうが強い。
いわゆる「型」の中に脛を用いた技がどれだけ存在するかね。
中足での回し蹴りですら型の中での存在が薄いっつうかどこにあるのかな。
中国武術での回し系の蹴りでも、相手に当てるのは足刀部か土踏まず側、あるいは踵で
脛を使っても刈る時くらいのものしかないよ。
どこの古流をやってるのかは知らないけど、もうずいぶん前から混同してると思うよ。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 19:31 ID:I089QU7p
少しは前スレ目を通すとか位しておけよ。
適当な知識で知ったかしてんなよw

やべえ、笑いが止まらん<ブッワハハハ


57 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 19:35 ID:TuYKPVud

たまに現れるこいつは前スレからいるのか?
自分の意見は皆無の割にずいぶんと強気な奴だ。おまえもおもしろいなw

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 19:37 ID:I089QU7p
お前には叶わんさw

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 19:38 ID:TuYKPVud
前スレにも参加してないのか、お前さんはww
黙ってロムってられないのか?ww

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 19:41 ID:RXejAhMe
おいおい
中国人(日本の武術家も同じ)の発想はこうだ
離れた所は武器で戦う、武器が使用できない間合いで戦うなら素手
ローキックみたいな離れた所から蹴りを出すぐらいなら
相手がどんな武器を持ってるか解らないから早く近づきたい

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 19:45 ID:RXejAhMe
武術やっているなら想定の実戦は路上
相手が銃持ってたらどうするんですか?
間合いとって様子みてたらズドン
そう考えるとよく出来てるんだよ武術ってのは
スポーツじゃないんだから勘違いしないように

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 19:46 ID:I089QU7p
スマンお前が面白過ぎてついついクチだしてしまうんだよ。

前言撤回前スレなんか見ないでこのまま突っ走ってくれ。<ブッハハハハハ

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 19:47 ID:TuYKPVud
GSLは知らないのかな。
前スレで蹴りの金澤氏のこと色々書いてるが、
氏がインドだのタイだのあっち方面を色々回って
技術交換とかしてたのはけっこう聞いたことがあるが?

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 20:03 ID:I089QU7p
色々と何か書いてねーじゃねーか。
お前適当過ぎ<ブワッハハハ

65 :前スレ1000get:04/05/04 20:04 ID:ni1GhQ2M
どこ使って蹴ってるかなんてたいした問題じゃないんだよなー。
同じ場所使って蹴ってても空手とムエタイの蹴りは違うんだし。

一部の人はその辺わかってないみたいだけど。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 20:05 ID:TuYKPVud
ひまにまかせて前スレかじってみたが、
GSLの説の拠り所は
蹴りの金澤
岡野友三郎氏の発言
極真の基本型
にあるみたいだね。
今度ゆっくりそれぞれについて説明してあげますね。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 20:07 ID:I089QU7p
今度と言わず、今説明してみろよ。

何か一つで良いからよ。
ほれ

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 20:14 ID:81OXzWQb
技術交換したからって
その技術をそのまま空手に取り入れるってもんでもないだろ

69 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/04 21:41 ID:ETiuuFpL
また、一寸見ていない間に結構進んでいますね。
前スレの私のレスが結構取りざたされているので、次いでに載せときましょうか。

924 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/03 01:14 ID:JMtgq7N9
それで、資料を元にした話は、どうやら貴方がその資料自体納得出来なさそうなので、
別の面から検証してみましょうか。
昭和32年に既に空手協会の大会に置いて回し蹴りは使われていますが、
ムエタイが日本に初めて紹介されたのは、昭和34年です。
さらに極真の人がムエタイと戦ったのはその四年後の昭和38年です。
また、松濤館を学んで作ったと言われているテコンドーにも回し蹴りは在るし、
さらに、松濤館のみならず其れ以外の所謂伝統派空手や防具空手全ての流派が膝を支点とした蹴り方です。
ムエタイを起源とするのなら、なぜムエタイ式の蹴り方をしている流派が存在しないのでしょうか?

この事実から、貴方はどう考えますか?
空手の回しは取り合えず松濤館…もしくはそれぞれが独自に工夫して発展させたが、極真だけはムエタイとでも言いますか?


70 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/04 21:43 ID:ETiuuFpL
930 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/03 02:49 ID:JMtgq7N9
今内の押し入れの奥深くから資料が見つかりました。
その中で一番解りやすい物を此処に紹介します。

格闘ストライジー 「制覇」
月刊空手道 6月号別冊 福昌堂
P21 「回し蹴りはいつ生まれたのか?」
謙交塾武道館館長 岡野友三郎氏に聞く
私は昭和17年から19年まで、当時目白にあった松濤館で、船越義豪先生に学びました。〜
〜この当時、回し蹴りはありませんでした。〜回し蹴りは、自由組手を始めた大学生が、前蹴りの変化技として使い始めたのではないでしょうか。
私の道場では。昭和30年頃から回し蹴りを基本稽古に取り入れました〜

…さて、私は此処で謝罪をしないといけませんね。
記憶違いが在りました。
この記事の中には義豪氏が作ったという内容は一文も無く、寧ろ義豪氏は回し蹴りを使った事が無いという内容の文があります。
しかし、この記事の面白い所は、昭和16年に刊行されている『空手道教範』に技の応用例の写真で、回し蹴りの様な技が紹介されて要る所です。
回し蹴りという名称こそされてはいませんが、ハッキリと「横から回して相手を蹴って」います。

私は三日月蹴りの様な蹴りとかきましたが、改めて見るとそんな洗練された蹴りでは無くw 下手糞な回し蹴りという感じです。
また、岡野氏の証言から何故、他流派も使っているのか?が判明しました。
大学生達が自由組手の中で使い始めたと言うのなら、当時から大学間の交流が既に合った訳ですから他流派の大学にも広まったという図式が容易に想像できます。
これが、松濤館以外にも何故、回し蹴りが使われているのかの一つの見解に成ると思います。

も、起源が本当に松濤館なのかは曖昧ですが、少なくとも昭和30年頃に基本稽古として取り入れていると言う事は、
ムエタイと空手は回し蹴りに置いては関連が無い(極真は知りませんがね)と言えると思います。
まあ、この資料自体を疑っている人には無意味なレスですがw取り合えず見た人の判断にお任せします。
興味の在る人は自分でこの本を探してみてみて下さい。
一寸古い本ですが中々興味深い内容も掲載されていますよ。


71 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/04 21:46 ID:ETiuuFpL
次いでにこの方のレスも載せておきます。
一寸しらべて見た所、この方が指摘する映画はたしかに在りましたので。

960 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/05/03 17:32 ID:iExTN0YS
 横入りしていいでしょうか。
 昭和31年に日本空手協会(松濤館)が「空手道」という映画をつくっています。
 (復刻版がビデオで出ていて、入手可能です。)
 この中で、基本の蹴りの紹介の中に、ちゃんと廻蹴があります。
 現在の松濤館の廻蹴と全く同じものです。
 ですから、少なくとも
「極真会館の3先生方がタイでムエタイと試合をした結果、廻蹴が輸入された、
 それまで、所謂伝統派には直蹴しかなかった」というのは、はっきりと誤りです。
 ただ、「廻蹴を始めたのは松濤館」かどうかは、分かりません。
 2ちゃんで「中国の少林寺とは何の関係も無い」「起源は八光流柔術」と煽られている少林寺拳法にも
 昭和20年代から廻蹴はあったようです。
 ですから、中国拳法の幾つかの流派には廻蹴があったかもしれませんし、
 松濤館以外の空手にもあったかもしれません。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 21:51 ID:YCrpyR/h
誰か回し蹴りの起源に関する学術論文かいてねーの?
東海大の教授とかさ〜w


73 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/04 22:00 ID:ETiuuFpL
後、これらの他に柔術の中山辰三郎氏が発祥を唱えるレスがありましたが、
調べてみた所、神道揚心流に置いての大塚先生(和道流開祖)の師匠に当たる方でした。
でも、残念ながらこの方が回し蹴りを使ったという資料が見つかりませんでした。
この方ならば、回し蹴りを空手に伝えたのは大塚先生という事になります。う〜んそれなら結構ロマンかもw

因にムエタイ説の方も32年以前から映画や軍部が調べていて既に当時の日本に知れ渡っていたというレスが在ったので、
これに付いても少し調べてみましたが、残念ながらこの説を裏付けする内容の記述は見つかりませんでした。

更に上で一寸だけでている金澤氏と後前スレに出ている津山さん等は既に当時の(昭和32年の協会の全国大会)に置いて回し蹴りを使用しています。
(これは、一寸調べれば写真付きの資料が見つかるでしょう)
別に蹴りの金澤だからといって、金澤さんが回し蹴りを開発したなんて何処にも書いていませんね?私は。

74 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/04 22:02 ID:ETiuuFpL
>72
残念ながら、在りませんねw

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 22:10 ID:vcRPIm3x
昭和初期の大学で生まれた廻し蹴りは、膝をかいこんで、中足を当てているものでしょうか。

76 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/04 22:14 ID:ETiuuFpL
背足と中足を当てる二通り在った様ですよ。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 22:21 ID:vcRPIm3x
では元祖フルコンタクトである極真空手でよく使われているスネを当てる形式の廻し蹴りは
いつ頃から定着していると思われますか?

78 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/04 22:23 ID:ETiuuFpL
さあ?私極真の人間では在りませんから。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 22:37 ID:vcRPIm3x
廻し蹴りという技、言葉が昭和初期の大学ですで存在していたのは事実でしょう。
その進化系として今のようなスネを当てる廻し蹴りが生まれたのでしょうか?
それとも極真空手とムエタイとの交わりから始まったのでしょうか?
私としては、廻し蹴りと聞くとスネを当てる方を連想してしまうもので…
そのあたりはいかがでしょうか。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 22:41 ID:QzAoYWMG
>元祖フルコンタクトである極真空手でよく使われているスネを当てる形式の廻し蹴りは
いつ頃から定着していると思われますか?

極真のムエタイ挑戦からではないでしょうか?

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 22:44 ID:Y1FP9Y3P
ムエタイ=極真という考えで話を進めてる人って本当に全空連系の人なのか?

K-1ジャパンのプロデューサーやってる全空連世界チャンピオンの鈴木に限らず、
伝統派の方も相当キックやムエタイとは縁が深いんだけどな

82 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/04 22:44 ID:ETiuuFpL
私は、進化系として脛を当てる蹴り方が生まれたのだと推測しています。
ムエタイとの交流もその一因に下げられるでしょうが、近間の間合いでの場合中足よりも
脛の方が当たりやすいですし、威力も稼げますから。
だから、必然的に極真の蹴りは脛の方を当てる方式になったのでは?と考えています。

83 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/04 22:46 ID:ETiuuFpL
>>81
例えば?

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 22:48 ID:ata5uCdH
アンディ・フグは、テコンドーとは無関係に、ネリチャギに似た踵落としを独自に編み出した。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 22:55 ID:vcRPIm3x
では時代的には黒崎健時氏らがムエタイに挑戦する以前から
スネを当てる廻し蹴りは存在していた、ということでしょうか。
現代のフルコンタクト系にてよく使われている蹴り方は
ムエタイの蹴り方とも少し違うようですが、やはり独自に生み出されたものだからでしょうか。

86 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/04 23:08 ID:ETiuuFpL
ムエタイに挑戦する以前からあるのか以後なのか、その時期は私には解りません。
ただ、極真空手も第一回の全日本大会に置いては我々伝統派の様な間合いや技術で戦っていたという記録在ると言う事は、
当然それ相応の時間を経て成ったのだと思っています。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 23:08 ID:J2k3fwzO
1.伝統空手の回し蹴り・極真の基本の廻し蹴り(前蹴り系、膝抱える、中足
  背足での蹴りは基本的に同じ?違う?
  ※伝統派でも現在使われている廻し蹴りは昔とは違って来ている
2.極真の試合で使われる廻し蹴り(ステップなし、膝抱える、脛
3.ムエタイの廻し蹴り(ステップから、膝抱えない、脛

分類はこんな感じ?

88 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/04 23:11 ID:ETiuuFpL
>背足での蹴りは基本的に同じ?違う?
同じですよ。
>※伝統派でも現在使われている廻し蹴りは昔とは違って来ている
この部分こだわりますねW
でも、それを言ったら恐らく50年後にはまた今の蹴りとは若干違う蹴り方が主流に成っていると思いますよ。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 23:11 ID:PXKDFaKt
(いやこれはマジで論文のネタになりそうだな。
資料収集はまあ歴史学の方法でいいかな。

で、この研究の意義だが・・ワカラン・・興味本位?)

90 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/04 23:16 ID:ETiuuFpL
格闘技の回し蹴りを通して、全く違う文化環境で似た様な物が生まれるのかどうか?
また、それが生まれる必然性とは?

って感じですかね?

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 23:22 ID:ZC9s4nCa
回し蹴りはもともと空手にあって、ムエタイの影響を受けて空手の試合でも使われるようになった?
昔の空手家「回し蹴りってこんなに強い技だったのか!」
蹴り自体はムエタイとは違うけど

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 23:28 ID:vcRPIm3x
なんとなく歴史的背景や順序が解ってきました。
昭和初期に生まれたわけですから、古伝の唐手に廻し蹴りが無いのは当然ですね。
であるので、唐手に影響を与えた中国の武術にも廻し蹴りや、ましてやスネを当てる蹴り方は存在しないわけですね。

93 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/04 23:37 ID:ETiuuFpL
そうですね。
まあ、当然流派に寄っては近い技は存在はしていたとは思いますけど。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 23:40 ID:mv8FWeQb
だから、どっちの蹴りが強いんだよ

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 23:48 ID:vcRPIm3x
GSL氏から見て、古流の空手を学んでいるといいながら、
廻し蹴りがうちにもある、との発言はどう思われますか?
古流と言いながらも、歴史的には昭和初期以降のものなのでしょうか。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 23:53 ID:5r72YYR0
GSLは脳内だから、そこら辺を突っ込み過ぎるのは野暮ってもんだ

97 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/04 23:55 ID:ETiuuFpL
この辺は私には何とも言えません。
私が知る古流系の空手には回し蹴りは在りませんが、ただしそれは我々が使う様な技での回し蹴りが無いだけで、
例えば、相手を固めてから蹴ると言ったそういう技法が在ってもお過しく無いと思っています。

また、当然古流にも様々な流派が存在するので、その中で回し蹴りによく似た蹴り技を使う流派が在ってもお過しく無いと思って居ます。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 00:24 ID:qWCNrlOQ
過去には、中国の武術にも廻し蹴りがあると言っている方がいました。
それはあくまでも「廻し蹴りのようなもの」でしかなかったのでしょうか。
もし中国の武術にあったとしたら、それらの技術は沖縄には伝わらなかったのでしょうか。
かと思うと、うちにもある、という古流の空手家の人もおります。
それらは首里手、泊手、那覇手、御殿手のいずれにも属さず、
日本には伝わらなかったものなのでしょうか。
岡野氏の文献によると古流には存在しない、とおっしゃってますし、虚偽の話しなのでしょうか。

99 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/05 00:29 ID:K5GH4PJI
中国拳法にしろ、古流系の空手にしろ幾つもの流派が存在します。
また、その流れも複雑で研究家でない私には答え様が在りません。

岡野さんは当時の松濤館には無かったと言っていますが、古流とは言っていませんよ。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 00:44 ID:qWCNrlOQ
ということは、松濤館以前から古流には廻し蹴りが存在したかもしれない。
しかし少なくとも松濤館にはそれは伝わっていなかった。
学生達が使い始めるまでは松濤館には廻し蹴りは存在せず、
松濤館内における廻し蹴りは学生達が発祥である。
そしてその学生発祥の廻し蹴りを使いこなして名を馳せたのが金澤氏である。
ということでしょうか。

101 ::04/05/05 00:48 ID:kbfzV9Y4
現在の極真の基本稽古では中足を使う回し蹴りはやってませんね。
まあ全国に多々あるので、全部が全部そうでないのでしょうが。
現在のフルコン系は、ムエタイの影響を多大に受けた後に「空手」の蹴りに
変化・吸収させていますし。

原型・発想は空手の中に存在し、現在はキック系の影響を受けて現在のスタイル
に至る、こんなトコでしょう。

日本古武術のなかに回し蹴りという物は聞いた事ありません。
中段から下の前蹴り・膝蹴りですね。
足先を振り回すと袴が相手に引っかかるし、具足の時は当然相手の胴も硬い
訳で、中足だろうがスネだろうが当てるのもどうかと言う訳で。
世の中広いので「ウチの古伝にはある!」という可能性もあるかもしれませ
んが、とにかく一般的ではないでしょう。


102 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 00:49 ID:634QzHyo
松濤館の学生が他流からパクった可能性もあるな。

103 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/05 00:53 ID:K5GH4PJI
一寸違いますね。。

松濤館以前からも古流系には存在していたかも知れないが、
取り合えず、船越先生が作り上げた松濤館空手には当初回し蹴りは無かった。
しかし、当時…少なくとも昭和16年には前蹴りの応用技として回して蹴る蹴り技を使う者達が居た。
それが、学生達に寄る自由組手の交流の影響かそれとも松濤館の中で独自に体制化されたのかは、定かでは無いが、
昭和30年代には既に松濤館の基本の技として認知されており、それを当時学生だった金澤さんは使いこなしていたという感じですね。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 00:56 ID:p+CsY/MT
>979 :GSL ◆C41eDzGMf6 さん。
何と言いますか、スレタイトルと離れているどうでもいい話しですので、雑談として書きます。

>>975-976
>思うに、復刻板の方は、また更に編集したのでは無いでしょうか?
>その過程で予算の都合かはたまた気まぐれかは解りませんが、
>細かい所を作り直した可能性があるのでは無いでしょうかね?
う〜ん。どうなんでしょう。
そういうのって復刻版として許されるのでしょうか??
ま、それはさておき。
この復刻版には『昭和十年七月十九日 天皇陛下へ献上済』と言うスタンプが入っています(検閲の意か?)。
また、自序は「昭和十年乙亥上巳」となっているのです。
先に書いた奥書が昭和10年5月印刷・発行であることも併せると、「空手道教範」には少なくとも昭和10年の版と昭和16年のそれとがあると思うのですけど。

105 : :04/05/05 00:57 ID:Mp53zmUH
金澤さん自身が月刊空手道の対談の中で回し蹴りは船越先生の息子がはじめたって言ってますよ。


106 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 01:07 ID:qWCNrlOQ
廻し蹴りが松濤館以前の古流にもあったかもしれないが、その技法は松濤館には伝わらず、
松濤館における発祥は船越氏の息子である。
松濤館とは別ルートで廻し蹴りが入ってきた可能性はある。
しかしそれは少なくともGSL氏の知る古流とは関係ない。
ということでしょうか。

107 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/05 03:02 ID:K5GH4PJI
>104
ほー不思議ですね。
なぜ、二種類作ったのでしょうかね?

>>105
その金澤さんがおしゃった船越先生の息子さんは
恐らく三男の義豪さんの事でしょうね。
かの方は、天才的な人で蹴りも素晴らしく沖縄の何人かの先生を訪ねて研究して、
近代の松濤館の基礎を作った方の様ですね。
ただし、謙交塾武道館館長の岡野氏曰く(彼の方は昭和17年〜19年の間に義豪氏に直接教わったそうです)
義豪先生が回し蹴りをやった所を見た事が無いそうです。
これは、どちらかの思い違いか、さもなくば19年以降に義豪氏が回し蹴りを作られて、それを岡野氏は知らなかったかの二つに成りますね。

>106
私が知る古流等本の僅かですよw

108 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/05 03:06 ID:K5GH4PJI
>英さん
えっと、此処で言う古流は古流空手…つまり、沖縄系の古い空手だと私は認識してレスを打っていたのですけど……
紛らわしいですね。
たしかに。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 04:38 ID:TR9VJxIp
廻し蹴りなんてどうでもいいべさぁ
なんなのこのスレ


110 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 04:42 ID:qWCNrlOQ
実は以前私が通っていた道場は松濤館系でした。
そこで教わった中足を当てる廻し蹴りは、
膝のかいこみが腰の横まで引き上げられる形ではありましたが
標的に対しては前蹴り同様に突き込むような動作でした。
つまり「遠回りする前蹴り」というイメージでしょうか。
この動きと、フルコンタクト空手で一般化しているのスネを当てる廻し蹴りの共通点がわかりません。
GSL氏はどちらも同様の原理で使っておられますか?

111 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/05 05:22 ID:K5GH4PJI
ハイ。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 05:40 ID:qWCNrlOQ
以前の道場仲間は、スネを用いる蹴りがほとんどできませんでした。
同様に極真を習っている知人は、中足を当てる廻し蹴りというものを「使ったことがない」といい、
理解してくれません。
私の松濤館系の空手の師範はフルコンタクトの経験もある方でしたが、
歴史には興味がないらしくそんな話もしなかったです。
GSL氏は和道でしたよね?和道系ではどうなのですか?
普通に中足もスネも使ってますか?
四大流派でも違うものなのでしょうか?

113 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/05 05:43 ID:K5GH4PJI
さて?
私は組手中に自然と間合いの関係で使える様になりましたけど、
特にそれの指導を受けた事はありませんね。
他にも間合いが近いと脛を蹴り込む物を何人かしっていますけど。

114 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/05 05:44 ID:K5GH4PJI
因に基本の回し蹴りは背足ですね。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 05:58 ID:qWCNrlOQ
ではGSL氏が自得されたスネを用いるそれは
上・中・下段ともほぼフルコンタクト空手と同様なフォームでしょうか?
特に指導を受けずに自得されたそうですが、
それはスネを用いる他の格闘技を見聞きする以前からそうなったのでしょうか。

116 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/05 06:04 ID:K5GH4PJI
私が脛を使う時は近い間合いから中段を蹴り込む時に使用しますが、
フォーム自体は一般的な空手の蹴りのフォームです。
フルコンタクトの蹴りと具体的に何処が同様かは何とも言えません。
空手的なフォームの蹴り方を指導している所ならば近いと思いますけど。
少なくとも私が過去に交流したフルコンタクトの人達の蹴りと私の蹴りトの技術に違和感は余り感じませんでした。

因に私は元々他の格闘技を見ていたので、その質問には答え様がありません。

117 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/05 06:10 ID:K5GH4PJI
>qWCNrlOQ
所で、何時迄質問は続くのですか?
というか、何に興味が在ってきいているのです?
私としてもその様な誘導尋問的な質問の仕方にいい加減気が悪くなって着ている所ですが?w

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 08:04 ID:qWCNrlOQ
どうか気を悪くなさらずに。
あくまでも廻し蹴りに対する興味ですから。
これまでのような形式でないと、中途半端な擁護論と
反対論(煽りも含め)で埋め尽くされるだけですし。
因みに和道は何年ほど修行されてるのでしょう。
和道以外のものは何か稽古されましたか?

119 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/05 13:47 ID:K5GH4PJI
今の形式でやりとりするのは、どんどん私の個人情報まで晒して行く形になりますが、
その辺の私に対するフォローはないのですか?w
少なくとも、現行の形の質問ではリスクを背負うのは私一人になりますが、それは貴方的は問題無い?

嫌ですよ、私はw
でも、それでもやり取りしたいというのなら、どうしましょうか?
mailにします?

それとも今度は、私が聞いて良いですか?
それなら、双方共に対等だ。
取り合えずコテハン付けて下さい。
そろそろ、名無しは良いでしょう。

120 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/05 13:53 ID:K5GH4PJI
取り合えず、他人の書き込みが嫌だというのなら、ヤフーメールでのやり取りでも構いませんけどね。
私は。

121 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/05 14:28 ID:K5GH4PJI
それと、もう一つ。
貴方は「中途半端な擁護論と反対論」と書いていますが、
何の擁護と反対なのです?
少なくとも今、このスレでやり取りされているのは「回し蹴りの起源」という一つのテーマの検証では無かったのですか?

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 15:05 ID:lBq8ZIph
>>121
もうレスしなくてもいいんじゃない?
これまでのレスで、解明とは言えないながらも廻し蹴りの起源については
いくつかの有力な可能性が示されたと思う
第一、これ1つが絶対的な起源です、なんて事はないだろうし
GSL氏は別に学者じゃないんだから全ての疑問に答える必要なんてないでしょ

123 : :04/05/05 15:12 ID:/p76Jf+A
後ろ回しも昭和30年代にすでにあったらしいですよ。


124 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/05 15:17 ID:K5GH4PJI
>122
そうですね。
では、そろそろこのスレの本題である、前蹴りに話を戻しましょうか。
このGW中に色々と突っ込んだやり取りが出来て楽しかったですよ。

>123
そういえば、ベスト空手でも既に使っている人がいましたね。

125 ::04/05/05 16:33 ID:kbfzV9Y4
もう終わりかな? もったいない。
ちなみにGSL氏の指摘どおり、一つのスレで質疑を続けるなら棄てハン付け
た方が相手にも参加者にも解りいいですよ。

それと、蹴りなり突きなりの体の運用について、「フルコンだからこれ!」
と決まったものは無いので、一個人の技術を根掘り葉掘りしても結果は出ない
と思いますが。
私の場合はスネ蹴りと中足蹴り、体の使い方は違います。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/08 18:07 ID:6t7F6pMU
中国拳法の立った状態で足ぐるぐる回す
リゴウタイとかいうのの使いかたがやっと分かった
あれは相手が持ってる武器を横から払ったり
できる技のはず。
いままで普通の回しげりの方が強いのに
なんで拳法はこんな変な回しげり練習するんだろう
と思ってたけどやっぱり拳法には動乱の中で
生まれただけあって対武器術の意味合いも
色濃く残ってるみたい。
まぁ他にも使いかたはあるだろうけど
ジャッキーチャンとかは映画のなかで突きの間合いの
狭いとこからすばやく相手の頭けるのに使ってた。

前げりも地味なだけで相手が間合い詰めるのを防いだり
金的狙ったり踏みつけぎみにふっとばしたり
何でもありの状態だともっといろいろ有効な使いかたはありそう。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 12:33 ID:f/mJPsy5
どうでも良いけど、GSLって空手の回し蹴りはその場蹴るって言ってるけど、
GSLの言う空手の中足回し蹴りは、術理としては(GSLのいう)ムエタイ同様にサイドに回って、
相手の外側の死角から蹴る技なんだよね。

ただ、フォームとしては昔の回し蹴りはムエタイとは全然違う。

つうか、GSLって本当に回し蹴り使えるのか?
使えるなら、中足と足の甲では、全く違うフォームだってのが分かるはずなんだけどな・・


128 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 22:29 ID:p3SI9gk0
正直回し蹴りの起源なんてどこだって良い。
議論するなら別のスレ立ててくれ。
普段ROMの俺が言う事じゃないかもしれないけど、
前蹴りの有効性と効果的な使い方を議論して欲しい。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/09 23:15 ID:+FEFsTmb
>>128
まだあんの?前スレで散々やったんじゃない?

130 :GSL ◆C41eDzGMf6 :04/05/10 01:39 ID:JqXxkV0e
>>127
どうでも、良いのならもう良いじゃ無いですか。
既にそれぞれの主張は語りつくしたでしょう。
この上、まだ何か言いたい事が在るのですか?

因に技術的な事なら在って直接やり取りするのが一番だと思いますが、
オフ等に参加してみようという気は在りますか?

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 03:07 ID:DDJOyGnn
>>127
言ってる内容が全然「術理」じゃないと思う。

中足(上足底?)と足の甲を当てる蹴りはそんなに違うの?
いや、空手とムエタイの蹴りでの体の使い方が違うのは明らかだが。
空手の蹴りで、上足底当てるときに、足首伸ばせば足の甲当たるやん。
そういう事でしょ?

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 05:59 ID:sP1PLx8O
空手の蹴りは鈍器で殴る感じ
ムエタイの蹴りはヌンチャクみたいな
フレイルでぶつける感じに近いかも。

パンチも空手は腕全体を押しこむようにするけど
ボクシングとかキックは当てていく感じだね。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 08:36 ID:HYF1JS8C
>>132
たぶん空手経験者でキックは未経験じゃないのかな・・・・?

言っちゃ悪いが威力で言えば、鈍器で殴るのがムエタイ。
当てにいくのが空手だよ。

例えばミドル(中段回し蹴り)。
空手は相手のガードの隙間を狙って、入れるけど。
ムエタイ、キックはガードした腕を折るのを目的に蹴る。
当然、威力もホームも違う。

嘘だと思ったら、一回蹴られて来いよ。


134 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/11 19:15 ID:dQbTe83s
鈍器で殴るというのは固い動きと言う意味で
フレイルというのはもっと言うと鞭みたいに
腰、膝と力が伝わって最後に足に伝わるって
言ういい意味で言ったんだが
ムエタイ選手がそういうなら仕方ないけど

もっと分かりやすく言うと空手は骨で殴ったり蹴ったりして
ムエタイは筋肉で殴ったり蹴ったりしてるように見える。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/13 22:29 ID:0pTyy9SR
試合とかで、相手に届かないとわかっているんのについ蹴りを出してしまうのは何故かな・・・
とくにちょっとスタミナがなくなった時とか。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/13 22:34 ID:X/sWk29a
見えるじゃなくてやってみろ。
空手も未経験か?
空手の蹴りは「殴る」じゃなくて「刺す」イメージだぞ。
足先を走らせる鞭のような蹴りこそ空手の蹴りだ。
「刺す」と「鞭」じゃ矛盾してるっぽいけど、とにかくそんな感じ。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/13 22:35 ID:X/sWk29a
>>136>>134へのレスね。

138 ::04/05/14 00:09 ID:wZCaee3/
正直、回し蹴りスレ立てた方がいいのかもしれにゃい。

48 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)